ここから本文です

大谷亮平、日本の連ドラ初レギュラー 星野源の“恋敵”に

オリコン 8月28日(日)6時0分配信

 “第2のディーン・フジオカ”として注目される俳優の大谷亮平が、10月11日スタートのTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00※初回15分拡大)に出演することが27日、わかった。韓国で10年以上活躍し、今年4月から日本での本格活動を開始した“逆輸入俳優”の大谷は、レギュラーとして日本の連続ドラマに出演するのは本作が初めて。女性にモテるが結婚に対して冷めた考えを持つ、少し謎めいたハイスペック男子を演じる。

【写真】『逃げるは恥だが役に立つ』に出演する古田新太 、石田ゆり子

 同ドラマは、月刊『Kiss』(講談社)で連載中の海野つなみ氏による漫画を原作とした夫=雇用主、妻=従業員という契約結婚から始まる社会派ラブコメディー。主人公・森山みくり役を新垣結衣、契約夫・津崎平匡役で星野源の出演が発表されていた。

 大谷が演じるのは、星野演じる津崎の会社の後輩で、誰もが認めるイケメン・風見涼太役。みくりの心に嫌味なく入り込み、津崎の心をやきもきさせる“恋敵”として徐々に契約夫婦の関係を揺るがす存在に…。2人の契約結婚を見抜いた風見は、津崎に「みくりをシェアさせてほしい」と提案を投げかける。

 風間役について、大谷は「クールでどこかつかみどころがない男です。みくりと津崎の結婚生活に飄々(ひょうひょう)と入り込んでいくんですが、その中で風見自身の恋愛観や結婚観にも変化が生じていくのではないかと、今から楽しみにしながら演じていきたいと思っています!」と意気込んでいる。

 峠田浩プロデューサーは「韓国で確固たるキャリアを積みながらも、自然な振る舞いや柔らかな内面が印象的で、風見の持つ独特の空気を出していただけるのではないかとすぐに思いました。日本のドラマ界では新鮮な大谷さんが演じることで、ミステリアスな風見がさらに魅力的なものになることを確信しています」と起用理由を説明した。

 ほかに、実は津崎に思いを寄せている同僚・沼田頼綱役で古田新太、みくりの叔母であり親友でもある“百合ちゃん”こと土屋百合役に石田ゆり子、津崎の同僚・日野秀司役に藤井隆、みくりの両親に宇梶剛士と富田靖子、みくりの親友役に真野恵里菜、百合の会社の部下役で成田凌と山賀琴子の出演が発表された。

最終更新:8月28日(日)6時0分

オリコン