ここから本文です

【GOLF】松山、「75」と崩れPO初戦はまさかの予選落ち P.リードが単独首位

ISM 8月27日(土)9時5分配信

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦 ザ・バークレイズが現地時間26日、ニューヨーク州のベスページ・ステートパークを舞台に第2ラウンドの競技を終了。松山英樹は4オーバー75とスコアを落とし、カットラインに1打足らずの通算4オーバーで大会を後にしている。

 初日の「71」で33位タイからのスタートとなった松山。午前インスタートの2日目は、10番で1.5メートルのパーパットを外しボギー発進を切ると、12番でダブルボギー、さらに15番からもパットが決まらず連続ボギーで前半5オーバーと苦戦。4番パー5での3パットボギーからは、6番、7番と連続バーディで後半1つ戻すも予選通過にはわずかに届かず。ここ2戦はトップ4入りと好調だっただけに、まさかの予選落ちに終わった。

 通算8アンダーの単独首位は、リオデジャネイロ五輪米国代表のパトリック・リード。出だしの7ホールで4バーディをマークすると、後半はスコアを伸ばせなかったが、トータル6バーディ、3ボギーの3アンダー68でラウンドした。トップと2打差の2位タイには、エミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)とリッキー・ファウラー(米)がつけている。

 昨季年間王者のジョーダン・スピース(米)は、スタートの10番でダブルボギーを喫したが、前半を1オーバーで折り返すと、後半は4番パー5でのイーグルを含む5アンダーをマーク。4アンダー67でホールアウトし、世界No.1のジェイソン・デイ(豪)らと並び通算4アンダー5位タイに浮上している。

 同5位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算2アンダーで18位タイ。今季2勝のアダム・スコット(豪)は1オーバー72と落とし、通算1アンダー26位タイに後退している。全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(米)は、通算イーブンパー39位タイで予選ラウンドを突破している。

最終更新:8月27日(土)9時13分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]