ここから本文です

母子支援施設を廃止 宮崎市が来春方針

宮崎日日新聞 8/27(土) 11:55配信

 宮崎市は、ドメスティックバイオレンス(DV)や経済的困窮に苦しむ母子を受け入れてきた「小戸母子生活支援施設」=宮崎市鶴島3丁目=を2017年3月で廃止する方針を固めた。同市は、29日に開会する同市議会9月定例会に条例廃止案を提案する。24日には県児童福祉施設協議会(永田雄三会長)が存続を求める要望書を提出。福祉関係者からは「貧困やDV、虐待が社会的課題になっているのに、施設廃止は時代に逆行している」などと反対の声が上がっている。

宮崎日日新聞

最終更新:8/27(土) 11:55

宮崎日日新聞