ここから本文です

全共3連覇へ種雄牛に新鋭台頭 口蹄疫終息きょう6年

宮崎日日新聞 8月27日(土)11時56分配信

 牛、豚など29万7808頭が犠牲となり、本県に多大な被害をもたらした2010年の口蹄疫終息から、27日で6年を迎えた。牛、豚の飼育頭数は発生前の水準に近づき、復興の礎となる種雄牛は同数となった。農業や商工、観光など幅広い分野で助成事業を展開した県口蹄疫復興財団は今月末で解散するなど、復興への取り組みは一区切り付いた。関係者は3連覇が懸かる全国和牛能力共進会(全共、来年9月、仙台市)を見据え、新しい段階へと歩みを進める。

宮崎日日新聞

最終更新:8月27日(土)11時56分

宮崎日日新聞