ここから本文です

千葉人にとっての「サマソニ」とは? 記者座談会<サマーソニック2016>

ちばとぴ!チャンネル 8月27日(土)9時34分配信

千葉市美浜区のQVCマリンフィールドや幕張メッセなどを会場に今月20、21両日に開かれた国内最大級の音楽フェスティバル「サマーソニック」。昨年比1万人増の12万人が来場した幕張会場は、例年にも増して興奮のるつぼと化した。

それにしても、17年も続く地元フェスの魅力とは一体何なのか?(初年度のみ山梨だけど)。

今夏の参戦を終え、改めてそんな疑問を抱いたちばとぴ!編集部記者2人が「千葉人にとってのサマソニ」をテーマに、あれやこれやと好き勝手に語り合ってみた。

【出席者】
H 通算14年通う古参サマソニファン。40代を迎え体力の衰えを感じつつ、深夜のライブ鑑賞も何とか耐えている。ロックも電子音楽も好き。八千代市在住。

T サマソニ歴は通算4年の20代若手記者。ロック、ブルースを好むが、でんぱ組.incなども嗜む。学生時代はバンドでベースを弾いていた。千葉市在住。

◆座談会スタート!

H 今年も良かったね。
T はい、すごく。ceroが最高でした。
H 俺はレディオヘッド。13年ぶりの「クリープ」は鳥肌モノだった。
T レディオヘッド観たかったなぁ(※Tは別の取材で2日目に参戦できなかった)
H 「伝説」のジャクソンズも観れたし。すごい盛り上がりだったよ。
T いいなぁ(羨望の眼差し)

◆とにかく近い!

H 家から会場までどのくらいかかった?
T 30分です。
H 自分は45分ぐらい。
T 実家に住んでたときは15分でした。会場と同じ美浜区なので。
H 俺も蘇我に住んでたとき、京葉線で1本だから30分もしなかったな。千葉人はまず、家から会場までアクセスしやすいのがアドバンテージだよね。客の中には、遠くから何時間もかけて来て、泊まりがけで参戦する人もいるんだから。
T そうですね。タクシーでも帰れるし。前に友達と3人で行ったとき朝の3時過ぎまで遊んで、一緒にタクシーに乗って僕の家にいき、泊めてあげました。で、翌朝電車で会場に繰り出して。
H 近いから深夜でも気にせず遊べるのがいい。それに近年は、深夜でもビッグなアーティストを呼ぶんだよね。今年もダイナソーJr.が観れて感激した。
T せっかく近いんだから、多くの千葉の人にサマソニを堪能してほしいですね。
H そうだね。ふらりと地元のお祭りに行く感覚で。まあチケット代は安くはないけど。

1/4ページ

最終更新:8月27日(土)9時34分

ちばとぴ!チャンネル