ここから本文です

「とと姉ちゃん」坂口健太郎演じる星野の“バックハグ”に視聴者騒然!「キュン死するわ」「心臓もたない」

E-TALENTBANK 8月27日(土)18時0分配信

現在、好評放送中のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。

常子(高畑充希)は雑誌の企画として、日用生活品や電化製品の商品試験を進める傍ら、雑誌の取材を通して偶然再会した星野(坂口健太郎)星野の2人の子供の面倒を期間限定で見ることになった。

常子が15年前に淡い恋心を抱きながらも、家のことを思ってプロポーズを断り、星野は大阪へ旅立っていったという過去があり、現在は星野が妻に先立たれていること、子供2人が常子に懐いていること、常子が星野一家と過ごす雰囲気がとても良いことから、ネットなどでは星野との“再婚希望論”が盛り上がりを見せていた。
 
そして、今日の放送では、星野の会社の繁忙期が終わり、子供の面倒を見に家に通うこともなくなる常子が何かあったら頼って欲しいと言うと、星野はそれを断り一線を引く、という少し切ない別れのシーンが描かれた。
 
しかし、番組の最後に流れた次回予告では、星野が常子にバックハグをしてプロポーズをしているような場面があったことから、再び視聴者は騒然。「星野さんがバックハグしてたけどどうなっちゃうの!?」「星野さんのバックハグやばーーーい。キュン死するわ」「来週の星野さんのバックハグに期待だわぁ~」「死んじゃう かっこよすぎる」「バックハグ!!大技決めてきたね、星野さん」「失神しそう。予告だけで心臓もたない!!!」「星野さんのバッグハグに叫んだ」などという意見がTwitter上に溢れており、来週の放送にはさらなる注目が集まりそうだ。

最終更新:8月27日(土)18時0分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。