ここから本文です

今日からアフリカ開発会議。経済環境が悪いなかで日本企業の糸口はどこに

ニュースイッチ 8月27日(土)8時2分配信

商社などを除き投資は低水準にとどまる。主要業界、それぞれの期待値

 アフリカの開発について話し合う日本政府主導の国際会議「アフリカ開発会議(TICAD)」が27、28日、ケニアの首都ナイロビで開かれる。今回が6回目で、アフリカ開催は初めて。アフリカの経済をいかに発展させるかが主要テーマで、各国政府は日本企業の貢献に期待を寄せる。現地の経済環境は決して良くないが、中長期目線で投資する姿勢が日本企業に求められている。主要業界の動向は-。

【商社】消費財・食料需要に照準

 大手商社ではアフリカに強みを持つ海外企業と協業し、市場開拓につなげる動きが出ている。中間層の増加を背景に成長が見込まれる消費財や食料の需要を取り込む。

 豊田通商は12年に買収したフランス商社のセーファーオー(CFAO)を通じて、事業領域を拡大している。15年にはCFAOが仏カルフールとともに、コートジボワールの首都アビジャンに大型商業施設を開業。20年までに店舗数をアフリカ8カ国・80店舗に増やす計画だ。また同国でオランダのハイネケンと共同で15年にビールの製造・販売にも乗り出している。

 三菱商事は15年、シンガポールの農産物商社のオラム・インターナショナルに20%出資した。同社はコーヒーやカカオ、ナッツの生産・集荷に加え、アフリカでは加工食品事業も手がける。三菱商事は当面、日本向けにオラム商品を販売し、将来はアフリカでの共同事業展開も期待される。


(豊田通商傘下の仏CFAOが仏カルフールと組み、コートジボワールの首都アビジャンに大型商業施設を開業)

【自動車】ナイジェリアへの投資活発化

 完成車メーカー各社はアフリカを将来成長が期待できる新興市場と位置付ける。南アフリカ共和国やエジプト、モロッコに生産拠点が集中しており、日系ではトヨタ自動車、日産自動車などが工場進出している。現地向けに供給するほか、欧州などへの輸出基地となっている。

 こうした中、経済成長が著しいナイジェリアへの投資が活発化している。ホンダは15年に同国の2輪車工場で主力4輪車「アコード」の生産を始めた。ホンダがアフリカで4輪を生産するのは初めてで、需要拡大が見込めると判断し輸入販売から現地生産に切り替えた。日産は16年度までにアフリカ大陸における自動車販売台数を11年度比で倍増する計画を掲げており、14年春から同国でピックアップトラック「パトロール」を委託生産している。

1/2ページ

最終更新:8月27日(土)8時2分

ニュースイッチ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。