ここから本文です

【ブラジル】7カ国の広報施設 パラリンピックでも開館=リオ

サンパウロ新聞 8/27(土) 6:21配信

 リオ五輪の期間中、リオ・デ・ジャネイロ市内には約20カ所の各国広報施設が設置された。その大半は21日の五輪閉幕とともに活動を終了したが、スイス、イタリア、平昌(韓国、18年冬季大会開催地)コロンビア、英国、ドイツ、日本の7カ国の施設はパラリンピック期間中(9月7~18日)にも運営される。アジェンシア・ブラジルが24日付で伝えている。

 スイスは24日から9月6日まで月・火を除き開館。パラリンピック期間中は休日なし。
 ドイツの開館日は26~28日および9月7~11日、15~18日。

 開館期間が9月7~18日となっているのは、コロンビア、英国(公式サイトで事前登録が必要)、日本(17日は招待者向け)、韓国。

 このほか、ブラジルの施設はパラリンピック最終日まで休みなく運営される。

サンパウロ新聞

最終更新:8/27(土) 6:21

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。