ここから本文です

錦織圭は初戦でベッカーと対戦、4大大会最終戦、全米オープンテニス

TENNIS.JP 8/27(土) 16:20配信

米国、ニューヨークにてテニスの4大大会最終戦、全米オープンが29日に開幕する。ドロー抽選が行われ、男子シングルスで第6シードの錦織圭(26歳、日清食品)は1回戦で世界ランク97位のベンヤミン・ベッカー(35歳、ドイツ)と対戦する。

準々決勝で第2シードのアンディ・マリー(英国)、準決勝で第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)と対戦するボトムハーフに入った。錦織とベッカーの過去の対戦は、2010年のデルレイビーチ、上海予選で2連敗も、2014年のメンフィスで快勝、ジャパンオープンではファイナルセットのタイブレークで勝利し2連勝している。

全米オープンはシングルス予選決勝が行われ、尾崎里紗と穂積絵莉が敗退し誰も本戦に進めなかった。女子の江口実沙、桑田寛子、日比万葉、今西美晴、加藤未唯、青山修子、男子は杉田祐一、添田豪、守屋宏紀が予選に挑戦していた。

本戦には男子は錦織圭と西岡良仁、女子は土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、大坂なおみが出場する。錦織はリオデジャネイロ・オリンピックでは銅メダル獲得に続く活躍を狙う。

最終更新:8/27(土) 16:20

TENNIS.JP

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]