ここから本文です

台風10号 週明けに本州接近 西日本はあすから雷雨

ウェザーマップ 8月27日(土)5時58分配信

 台風10号は、週明けにも強い勢力で本州へ接近し、上陸するおそれがある。また、西日本はあす日曜日から、寒気と湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定となるため、激しい雷雨が続くおそれがある。台風が近づく前から警戒が必要だ。

早めに台風に対する備えを

 強い台風10号は、南大東島の南にあって北上を続けている。南大東島では、あすにかけて強風や高波に警戒が必要だ。
 台風は、このあとややスピードをあげながら北上し、月曜日から水曜日にかけて本州付近に接近するとみられる。強い勢力のまま近づくおそれがあり、北日本から西日本にかけて広い範囲で大荒れの天気となることが予想される。台風に対する早めの備えと、台風接近時はできるだけ外出を控えるなどの対応が必要だ。

西日本はあすから雷雨に警戒

 西日本は台風が接近する前から警戒が必要となる。台風からの暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で、西日本はあすから大気の状態が非常に不安定となる。寒気が移動するスピードが比較的遅いため、同じ場所で数時間以上雷雨が続くおそれがあり、警戒が必要だ。

最終更新:8月27日(土)5時58分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。