ここから本文です

ラドバンスカとスビトリーナが決勝進出 [コネチカット/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 8/27(土) 16:00配信

 アメリカ・ニューヘブンで開催されている「コネチカット・オープン」(WTAプレミア/8月21~27日/賞金総額69万5900ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第1シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)が今大会で2連覇中の第6シード、ペトラ・クビトバ(チェコ)に6-1 6-1で圧勝した。

ディフェンディング・チャンピオンのクビトバ、ラドバンスカが準決勝で対決 [コネチカット・オープン]

 来週の月曜日に始まる全米オープンで第4シードとなるラドバンスカはこの日、難題を課されることはまったくなかった。彼女は今週を通して風邪と戦っていたクビトバに対して第1セットの最初の5ゲームと、第2セットの最初の4ゲームを連取した。

 ラドバンスカは1月に優勝した中国での深セン・オープンに次ぐ、今年2つ目のタイトルを狙っている。

「特にグランドスラム大会の前に、私のベストテニスを出せるレベルに戻ることができて本当によかったわ」とラドバンスカ。彼女は決勝で、第10シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。

 21歳のスビトリーナは準決勝でヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を6-4 6-2で退けた。スビトリーナは先のリオ五輪で世界1位のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒し、現在の世界ランキングは23位。彼女はこれまでのWTAツアーでの決勝で4戦4勝の記録を誇るが、WTAプレミア大会での決勝に進出したのはこれが初めてだ。

「もちろんプレミア大会だから、より特別な感じがするわ」とスビトリーナ。「でもそれ以外に関しては、そんなふうには考えていない。これはただの決勝よ。私の目標はグランドスラム大会で優勝すること。これは正しい方向への、もうひとつのステップにすぎないわ」。

 27歳のラドバンスカもまたグランドスラム大会でまだ優勝していないが、この決勝で19度目のWTAシングルス・タイトルを狙っている。彼女が獲得したタイトルのうち「15」は、ハードコートで獲得したものだ。

 ラドバンスカはこれまで今大会の準々決勝を超えたことがなかったが、今年はエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、キルステン・フリプケンス(ベルギー)らにストレート勝ちし、比較的楽に勝ち上がった。

 一方、ラドバンスカに敗れたクビトバは、自分は疲労しており、また少し具合が悪かったことに言及し、ラドバンスカにコート上を走り回らされたことも、敗因のひとつに挙げた。

「彼女は激しく強打はしないけど、スピードを使い、すべてのボールを返してくる」とクビトバ。「ウィナーを打ち込めたと思ったときでさえ、彼女は追いついて返球し、ラリーを続けてくるのよ」。

 決勝を戦うスビトリーナはリオ五輪以来、多くの賛辞を受け取ってきたが、結局はメダルを獲れなかったことにがっかりしたと告白した。そして、来週の全米オープンではより大きな結果をつかむことを望んでいる、と心中を明かした。

「達成することができると思わなければ、夢見たりはしないわ」と、グランドスラム大会での優勝について、スビトリーナは言った。

「トッププレーヤーと張り合うよう努めるため、私のテニスを適応させる時間が少し必要なのだと思う」

 ラドバンスカは今、いつも以上に勝つ励みとなる動機を手にしている。土曜日の決勝で勝つことができれば、全米オープン・シリーズのボーナス・チャレンジで総合優勝者になるに十分なポイントを獲得し、また、全米オープンの結果次第では100万ドルのボーナスを手にするチャンスを得ることができるのだ。

「間違いなく、勝つ価値はあるわね」とラドバンスカ。「私は勝つために、自分ができるすべてをやるつもりよ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW HAVEN, CT - AUGUST 26: Agnieszka Radwanska of Poland celebrates after defeating Petra Kvitova of the Czech Republic on day 6 of the Connecticut Open at the Connecticut Tennis Center at Yale on August 26, 2016 in New Haven, Connecticut. (Photo by Alex Goodlett/Getty Images)

最終更新:8/28(日) 11:09

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]