ここから本文です

17試合未勝利の名古屋に2人の救世主 DF闘莉王の加入内定を発表

theWORLD(ザ・ワールド) 8月27日(土)8時50分配信

名古屋では6年間で36得点

名古屋グランパスは26日、DF田中マルクス闘莉王の加入が内定したことを発表した。

2001年にサンフレッチェ広島でプロのキャリアをスタートさせ、水戸ホーリーホックや浦和レッズで活躍した闘莉王は、2010年から6年間名古屋でプレイ。DF登録ながら36得点を記録しており、2010年にはJ1リーグ優勝に貢献している。2015年シーズン終了後には退団していたが、再び加入することが決まった。

闘莉王が復帰する名古屋は現在、クラブワースト記録となる17試合未勝利で2ndステージ最下位に沈んでおり、年間順位でもJ2降格圏となる16位に低迷。クラブは23日、小倉監督の休養、そしてアシスタントのジュロヴスキー氏が監督代行を務めることを発表した。

ジュロヴスキー体制の名古屋は27日、ホームでFC東京と対戦。9月10日には敵地アルビレックス新潟と対戦する。これまでもクラブに多くの栄冠をもたらしてきた2人は、名古屋をJ1残留へと導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月27日(土)8時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合