ここから本文です

ブリトニー・スピアーズ、自伝映画に不快感「全く協力しない」

MusicVoice 8月27日(土)15時29分配信

 米歌手のブリトニー・スピアーズ(34)が、自身の半生を描く伝記映画に不快感を示していると、ブリトニーの代理人が海外メディアに伝えた。

 自身のキャリアと波乱の私生活を、約2時間に収める長編映画だが、ブリトニーの代理人は、Usウィークリー誌に「ブリトニー・スピアーズはその伝記映画にいかなるかたちでも全く協力していませんし、歓迎していませんね」と語っているという。

 その名も『ブリトニー』という同映画は、ザ・ハリウッド・レポーターよれば、タイトルロールにナターシャ・バセットを迎え、ブリトニーの「激動の真実」を伝えことになるという。

 ジャスティン・ティンバーレイクとの交際、幼馴染のジェイソン・アレクサンダーとの短期間の結婚、2人の子供をもうけたケヴィン・フェダーラインとの離婚、ジェイソン・トランウィックとの婚約解消など全てが本作に盛り込まれるとみられている。

 9月17日からバンクーバーで製作が始まり、来年の公開を予定している。

最終更新:8月27日(土)15時29分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。