ここから本文です

友人の携帯が落ちた!くみ取り式トイレの便槽に突入 ノルウェー

AFPBB News 8月27日(土)10時39分配信

(c)AFPBB News

【8月27日 AFP】ノルウェーの首都オスロ(Oslo)郊外の小さな町ドランメン(Drammen)で26日、屋外公衆トイレに落ちた友人の携帯電話を回収しようとくみ取り式の便槽に入った男性が抜け出せなくなり、消防隊が出動する騒ぎがあった。

 カトー・ベルントセン・ラーセン(Cato Berntsen Larsen)さん(20)は、屋外公衆トイレの便槽の底に落ちた携帯電話を拾おうとした。便器の開口部から中に入ることはできたものの、はまり込んで出られなくなった。

 ラーセンさんは「最初は棒を使って携帯電話を回収しようとしたんですが、うまくいきませんでした。だから私が飛び込んだんです」と日刊紙ベルデンスガング(Verdens Gang)に語った。「そこに1時間ほどいました。パニック状態でした」。ラーセンさんの体の表面を「生き物たち」がはい回ったという。

 同紙によると、ラーセンさんは吐き気と闘いながら、年に1度しかくみ取りされないその便槽から抜け出そうとあがいたが徒労に終わった。ラーセンさんは最終的に消防に連絡を取ってこの「試練」に終止符を打った。

 消防署の広報担当者ティナ・ブロック(Tina Brock)さんは「われわれにとっては実に簡単な任務でした。チェーンソーを持った4人の隊員を派遣し、(プラスチック製の)便器の上部を切り取ったのです」とAFPに語った。ティナさんはこうした救出劇は同消防隊にとって「初めて」のことだと認め「ほんとうに不運な事故でした」と語った。

 結局、携帯電話は回収できなかった。(c)AFPBB News

最終更新:8月27日(土)10時39分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。