ここから本文です

心臓外科を新設、川口市立医療センターに来春 日大医学部から医師

埼玉新聞 8月27日(土)10時31分配信

 埼玉県川口市は25日、川口市新井宿の川口市立医療センター(539床、大塚正彦管理者)に、来年4月から新たに心臓外科を開設すると発表した。医師は常勤2人と非常勤1人の体制。日大医学部から医師の派遣を受ける。現在は循環器科で血管カテーテルを実施しているが、心臓外科の新設で開胸による外科的な手術ができるようになる。

 市は、人工心肺システム(8600万円)など施設整備費として1億7550万円を盛り込んだ補正予算案を9月2日開会の9月定例市議会に提出する。

 心臓外科の新設は長年の懸案だった。現在の循環器科が日大医学部と関係が深いため同大と医師派遣の交渉を続けてきたという。

 市によると、川口、戸田、蕨3市エリアで心臓外科があるのは川口市前川の「かわぐち心臓呼吸器病院」(竹田晋浩院長)と、戸田市本町の戸田中央総合病院(原田容治院長)の2病院だけ。

最終更新:8月27日(土)10時31分

埼玉新聞