ここから本文です

スカイツリーでむつの観光PR 市、9月1日まで

デーリー東北新聞社 8月27日(土)15時0分配信

 むつ市は26日、東京都の「東京スカイツリー」で、観光PR活動を始めた。スカイツリーを訪れる国内外の観光客らに市の魅力を紹介し、旅行を呼び掛けている。

 会場では、釜臥山からの「アゲハチョウの夜景」をモニターで紹介しているほか、観光パンフレットや、下北地域で実現を目指す下北ジオパーク構想のガイドブックを配布。特産品の青森ヒバの加工品を展示したり、ヒバのチップを袋詰めしてリンゴに見立てた「ヒバっぷる」の製作体験を開催したりと、魅力をふんだんにアピールしている。

 来場者は製作体験や、市のPRキャラクター「ムッシュ・ムチュランI世」との記念写真を通じ、本州最北の市に興味を持った様子だった。

 市観光振興課の金浜達也課長は「一人でも多くの人が市に足を運ぶことにつながれば」と期待していた。

 観光PR活動は9月1日までで、時間は午前10時~午後6時。8月27、28日は、同市のヒバ工芸師・柴田円治氏がヒバ篭(かご)の製作実演も行う。

デーリー東北新聞社

最終更新:8月27日(土)15時0分

デーリー東北新聞社