ここから本文です

いつまでも“子供なバロテッリ“、ついに後輩からアドバイス 「まだ若いし、変わるだけの時間は残っているよ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/27(土) 19:50配信

ピルロ2世から精神面の変化求められる

近年のイタリアサッカー界でトップクラスのストライカーは誰かと問われると、意外にもマリオ・バロテッリとの声が聞こえてくる。イタリア代表で共にプレイしたアンドレア・ピルロもバロテッリを世界トップクラスのストライカーの1人だと称賛し、ポテンシャルは確実と改善に期待していた。

そのピルロの後継者と言われるパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティもバロテッリを支持している選手の1人だ。バロテッリが26歳なのに対してヴェッラッティは23歳と年下だが、ヴェッラッティはまだ時間は残されていると先輩の復活を期待しており、個よりも組織を重視してほしいとアドバイスを送った。伊『Gazzetta dello Sport』が伝えている。

「バロテッリは僕が一緒にプレイしてきた中で最高のストライカーの1人さ。彼は優れたフィジカルを有しているし、ゴール前で滅多にミスをしないんだ。現在彼の問題は精神面だね。フットボールでは個よりもチームのことを考えるべきだ。バロテッリはまだ若いし、変わるだけの時間は豊富に残っているよ」

後輩から変わる時間が残されているとアドバイスされるのも複雑だが、大人に振る舞っているのはヴェッラッティの方だ。バロテッリにとっては屈辱かもしれないが、今となっては後輩からの助言も素直に聞き入れるべきだろう。

バロテッリはもう1度イタリア代表に戻り、ヴェッラッティのパスを受ける日がくるのか。そのためには大人な振る舞いを学んでいく必要がありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/27(土) 19:50

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]