ここから本文です

[移籍]キエーボ、ナポリからオランダ代表MFを買取オプション付きのレンタルで獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 8月27日(土)22時30分配信

レンタル先で復活を目指す

キエーボは26日、ナポリからオランダ代表MFジョナサン・デ・グズマンをレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約内容には買取オプションが付いているとのことだ。

現在28歳でカナダ出身のデ・グズマンは2008年にオランダ国籍を取得し、同国代表としてプレイ。U-21とフル代表での出場経験を持ち、2014年に行われたブラジルW杯にも出場している。一方クラブでは、フェイエノールトの下部組織で育ち、2005年にトップチームデビュー。2005年から2010年まで過ごした同クラブでは、100試合以上に出場している。その後、マジョルカやビジャレアルなどのクラブを経て、2014年にナポリへ移籍。加入初年度はラファエル・ベニテス監督のもと、レギュラーとしてプレイしていたが、マウリツィオ・サッリ監督に交代後は出場機会に恵まれず、昨季後半はカルピへレンタル移籍していた。

はたして、デ・グズマンはレンタル先のキエーボでレギュラーポジションを確保し、輝きを取り戻すことができるのだろうか。彼の復活に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月27日(土)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。