ここから本文です

患者腹部に30センチ器具 茅ケ崎市立病院、置き忘れ

カナロコ by 神奈川新聞 8月27日(土)7時30分配信

 茅ケ崎市は26日、市立病院(同市本村、仙賀裕病院長)で市内に住む70歳代の女性患者の卵巣などの摘出手術で使った、腸を傷つけないよう押さえるための「腸圧定ヘラ」(幅4センチ、長さ30センチ)を腹部に置き忘れる医療ミスがあったと発表した。

 女性患者は4日に手術を受け、11日に退院。24日に腹痛のため来院したところ、エックス線撮影で器具が残っていることが判明した。同日、摘出手術を行ったが、器具が絡まり腸閉塞(へいそく)を併発していたため、小腸の一部を切った。現在のところ術後は良好で、女性は9月中に退院できる見通し。

 会見した病院の説明では、手術前と腹部縫合前、縫合後の3回、器具機材の点数チェックを行うが、確認不十分だったという。その後、洗浄滅菌を行う中央材料室でも点数不足は見落とされた。再発防止に向け、手術室内のチェックを4回に増やし、材料室を含めリストを1点ずつ確認する方式に改めた。

最終更新:8月27日(土)7時30分

カナロコ by 神奈川新聞