ここから本文です

福士加代子「ずっと挑戦するかも」

Lmaga.jp 8月27日(土)7時0分配信

その類い希なる走力と奔放なキャラクターでメディアをにぎわす、「みちのくの爆走娘」こと福士加代子。そんな彼女の真実に迫ったドキュメンタリー番組『私がマラソンを好きになった理由』(関西テレビ)が、8月27日に放送される。

無類の強さをみせたトラック競技では3度のオリンピック出場を果たすも、マラソンでは国内選考会で2度も落選。2016年の『大阪国際女子マラソン』(ヤンマースタジアム長居)で優勝し、ようやくマラソン代表の座をつかんだ。それ以降、福士は自分に言い聞かせるように、「リオで金メダル」という言葉を言い続けてきた。しかし今年6月、右足を故障。満足のいく調整ができず、初めての五輪マラソンは日本人トップながら14位に終わった。

レース直後には、いつものあっけらかんとした口調で「もうマラソンは走らない!」と引退を示唆した福士。しかしその後、「こんなものか自分の力は・・・という悔しさが出てきた。レース直後には強がって表に出せなかったけど、負けて悔しかったと思う。ほんとにマラソンというものは・・・厳しいわ。しんどいし、苦しいし、きついけど、挑戦すべきものなんでしょうね。でも挑戦できてよかったと思います。ずっと挑戦するものなのかもしれないですけど・・・」と、胸の内を語った福士。爆走娘はまだまだ止まらない。

2005年以降、5度にわたって福士のドキュメンタリー番組を制作してきた関西テレビのディレクター・澤田淳司さんは、「11年、約4,000日間に渡って、福士加代子選手に密着取材をさせていただきました。このドキュメンタリーは、マラソンを通しての人間成長物語でもあります」とコメント。番組は8月27日・16:30から放送される(関西ローカル)。

最終更新:8月27日(土)7時0分

Lmaga.jp