ここから本文です

初日最速はフェルスタッペン! レッドブルにヒュルケンベルグがトップ3

オートスポーツweb 8月27日(土)0時19分配信

 2016年F1第13戦ベルギーGPは、8月26日にフリー走行2回目が行われた。1回目に続き晴天のスパ・フランコルシャンは気温30度、路面温度40度と上昇傾向のなか、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを記録。2位にはチームメイトのダニエル・リカルド、3位にフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグと続き、上位3台のみ48秒台に入っている。

どのチームよりもレッドブルが恐れられる理由

 セッションがはじまると、ハースのロマン・グロージャン、ルノーのジョリオン・パーマー、ケビン・マグヌッセン、マノーのパスカル・ウェーレイン、ウイリアムズのバルテリ・ボッタス、フェリペ・マッサ、そしてフリー走行1回目でタイムを計測できなかったマクラーレンのフェルナンド・アロンソらが真っ先にコースイン。 

 その後、ソフトタイヤを履くフェラーリのキミ・ライコネンが1分49秒926のターゲットタイムを記録。リカルドが2番手で続いたが、ライコネンは次のアタックで1分49秒815と自己ベストを更新する。マクラーレンのジェンソン・バトンとアロンソは、ともにピレリの衝撃耐性を向上させたテストタイヤで12番手、16番手タイムをマーク。

 一方、メルセデスはニコ・ロズベルグが1回目のアタックはミディアムタイヤで6番手。ハミルトンはテストタイヤでライコネンのトップタイムを更新。コース上ではルノーのジョリオン・パーマーがターン9のランオフエリアで一時マシンを止めてしまうも、すぐにコースに復帰した。

 開始30分が経過したころに、ソフトを履くリカルドがトップに立ち、チームメイトのフェルスタッペンが2番手に浮上。その直後にスーパーソフトタイヤを履くフォース・インディアのセルジオ・ペレスがレッドブルを上回るタイムを記録すると、チームメイトのヒュルケンベルグが1分48秒657を叩き出して、フォース・インディアが一時ワンツー態勢を築く。

 その後、スーパーソフトのセバスチャン・ベッテルが、フォース・インディアの2台に割って入り2番手となるが、スーパーソフトに履き替えたリカルドが再びトップタイムをマーク。しかし、フェルスタッペンがリカルドのタイムを0.256秒上回る1分48秒085で堂々のトップに立つ。

 各チームはスーパーソフトでのタイム更新を続けたあと、ロングラン中心の走行に切り替えていく。パワーユニット交換により、現時点で合計30グリッド降格が決まっているルイス・ハミルトンは、ミディアムタイヤでの走行を続ける。ハミルトンは最後ソフトに履き替え、最多周回を記録したケビン・マグヌッセンの34周に次ぐ、33周を走行。序盤にテストタイヤで記録したタイムを更新することなく、13位となっている。

 マクラーレンはバトンが9位、アロンソは12位。ハースのロマン・グロージャンが8位、エステバン・グティエレスが10位に滑り込んだ。ハミルトンと同じ33周を走ったロズベルグは、ソフトタイヤで記録したタイムがベストで6位。フェラーリの2台はベッテル4位、ライコネン7位に終わった。

 フリー走行3回目は8月29日(土)日本時間18時(現地11時)に開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月27日(土)0時22分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。