ここから本文です

ベッテル「今日の順位から真の序列はわからない」:フェラーリ ベルギー金曜

オートスポーツweb 8月27日(土)11時14分配信

 2016年F1ベルギーGPの金曜プラクティスで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは5位/4位だった。

2016年第13戦ベルギーGP  キミ・ライコネン(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=5位/2=4位
 今日はすごく難しい一日だった。とても気温が高くて、路面がかなり滑りやすかった。今日は誰もがタイヤを持たせることができず、スライドしまくっていたと思う。どのタイヤを履こうと関係なく、皆が同じ状況だ。週末を通してこの気温が続くようなので、うまくやれるよう対策を講じる必要がある。

 僕はマシンバランスにも苦しんでいた。これに関しては自分たちが何とかすべき問題だ。マシンを改善する必要がある。理想的な状態ではないからね。もっと速さを引き出せると確信している。


 今日は完全に満足できるような状態ではなかった。僕はマシンバランスに苦労し、キミ(・ライコネン)はクリーンなラップを走れなかった。

 走っている時の感触はあまりよくなかった。でもそれを何とか改善するのが僕らの仕事だ。

 今日はクリーンな走行ができなかったドライバーが何人もいたと思う。だから今の段階で序列を判断するのは難しい。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月27日(土)15時19分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。