ここから本文です

4人のドライバーが「ハロ」をテスト。ロズベルグは「まったく気にならない」

オートスポーツweb 8月27日(土)15時51分配信

 ニコ・ロズベルグが、F1に導入される予定の頭部保護システム「ハロ」の実装テストを、ベルギーGPのフリー走行1回目で行った。ロズベルグはハロを装着した状態でベストタイムを叩き出し、「まったく邪魔にならない」と感想を述べている。

「リゾート地に戻ったみたいな暑さ!」と語ったロズベルグ

 ハロを装着したマシンで、インストレーション以上の走行をしたドライバーは、ロズベルグが初めてとなる。金曜の午前中に2周に渡ってスパ・フランコルシャンを走行し、セッションの基準タイムをマークした。

「試すことができて良かったし、ドライビング中は少しも邪魔にならなかったから、うまく作ってくれたんだね。(ハロは)安全性を大きく向上させるものだ。当然ながらマシンを格好良く見せるようなものではなく、外見があまり良くないことは承知している。けれども安全性は大きく向上するので、良いものだと思う」

 ロズベルグは、むしろ構造的にはドライバーの頭部にもっと近づけても良いと言う。 

「頭上にくる部分は、気にもならない。もっと位置を下げても良いくらいだ」

 スパではロズベルグ以外にも、レッドブルのダニエル・リカルド、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグ、トロロッソではカルロス・サインツJr.の3人が、インストレーション走行でハロを使用。視認性テストの実行にあたり、各チームはハロの型を独自に制作している。これらのプロトタイプは、実際に導入されるものと同レベルの強度には達していない。

 サインツはロズベルグの意見に同意しており、悪い影響は何もなかったと話す。

「最も心配していたのは視界だったが、その部分では何の問題もない。オー・ルージュでも、こんなふうに(首を伸ばして)どこにコーナーがあるのかを確認する必要もなかった。ガレージを出た直後は、目の前に遮るものがあって気になったけれど、1周を走り終えるころには気にならなくなったよ。(ハロの)向こう側を見ることに目が慣れる。そのために、目はふたつあるんだ!」

 ただし、乗り降りに関する部分では課題が残ると感じている。

「最大の懸念と改善の余地があるのは、現状ではマシンに乗り降りするのが、かなり難しいということだ。僕はハロは命を守るものだと思っているから賛成だし、支持している。でも改善できるところがあれば、言わなければならない。いまのままでは(ドライバーの)救出は簡単ではない」

 一方、ヒュルケンベルグはハロが発表された当初から、懐疑的な意見を表明してきたドライバーのひとりだ。実際に使用したあとでも、含みのある発言をしている。

「違和感があった。あの場所に何かがあることで、限界では走れなくなる。初めての経験だよ。視界としては、それほど悪くない。でも僕はインストレーション走行をしただけだからね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月27日(土)15時51分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]