ここから本文です

MotoGP:ブラッドリー・スミス、EWC最終戦で左脚を負傷

オートスポーツweb 8/27(土) 12:12配信

 モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスは、EWC世界耐久選手権の最終戦オッシャースレーベン8時間耐久レースのフリー走行で他車と接触し転倒。左脚に怪我を負い、決勝レースを欠場することになった。

 スミスは、EWCでチャンピオン争いをしているYART・ヤマハ・オフィシャル・EWC・チームに助っ人として加入。YZF-R1を駆り、逆転チャンピオンに向け調整を進めていた。

 しかし、レース初日のフリー走行でスミスは前を走るライダーと接触し転倒。左脚に怪我を負い、ヘリコプターで近郊の病院へと運ばれた。病院で精密検査を受けた結果、骨折は確認されなかったと報じられたが、スミスの怪我の全容はまだ明かされていない。

 スミスは、この怪我により決勝レースを欠場することになった。また、9月2日にはスミスのホームレースとなるMotoGPイギリスGPが開幕するが、レースに出場できるかも不明のままだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/27(土) 12:13

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]