ここから本文です

グロージャン「高すぎる内圧のせいで、せっかくのスパを楽しめない」:ハースF1 ベルギー金曜

オートスポーツweb 8月27日(土)12時57分配信

 2016年F1ベルギーGPの金曜プラクティスで、ハースF1のロマン・グロージャンは11位/8位、エステバン・グティエレスは10位/10位だった。

F1最新フォトコーナー

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン フリー走行1=11位/2=8位
 誰にとっても簡単な一日ではなかった。タイヤを機能させるのがとても難しいんだ。ここで定められたタイヤの内圧には満足していない。このせいでチャレンジングな状況になっている。

 午後に入りスーパーソフトを装着したら、朝よりはいい走りができた。マシンはよりまとまった感じになったので、それはよかったよ。

 残念なことにある問題(MGU-K)によりロングランができなかったが、これによってレースで大きな痛手を被らないことを願っている。

 まだ明日の午前中にも予選の準備ができるし、考えているセットアップの方法をいくつか試すつもりだ。全体的にタイヤをうまく使う方法に全エネルギーを注いでいくつもりだ。

(Crash.netに対して語り)ドライバーとしては、できる限りプッシュしなければならない。でもこのタイヤの挙動はよくないと思う。スパは、F1マシンの力を実感できる、最高のサーキットなのに、(内圧が高すぎて)それをめいっぱい味わうことができない。

 コーナー半ばで突然フロントもリヤもスライドしてしまうんだ。あまり愉快ではないね。でも皆が同じ条件だから、なんとかして自分たちで解決法と速さを見つけ出すしかない。

エステバン・グティエレス フリー走行1=10位/2=10位
 今日はかなりトリッキーなコンディションだった。こういった暑さはスパでは珍しい。路面温度が本当に高くて、マシンのセットアップに少し苦労している。

 マシンへの理解を深めるためにいくつかテストをしたので、どの箇所に集中すべきなのか方向性がはっきりするはずだ。

 両方のセッションでピレリのプロトタイプタイヤで走行した。パフォーマンスに関してはこれまでと変わらず、これといった大きな違いはなかった。

 FP2ではレースシミュレーションも行ったが、それほど満足できなかったので、明日以降に向けて良いセットアップを見つけ出すため、今夜すべてのデータを分析する。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月27日(土)12時58分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。