ここから本文です

予選Q3速報:ロズベルグが落とせないPP、フェルスタッペンが僅差に迫る

オートスポーツweb 8/27(土) 22:10配信

 F1ベルギーGP予選は、大量ペナルティを受けるルイス・ハミルトンがQ1で脱落したことにより、ある意味ではライバル不在となったニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得した。

 Q3はスーパーソフトタイヤでのアタック合戦となり、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが一時トップに立ったが、ほどなくロズベルグが逆転。ロズベルグ、フェルスタッペン、セバスチャン・ベッテル、セルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグ、バルテリ・ボッタス、ダニエル・リカルドの順で、まずは7人がタイムを記録する。

 キミ・ライコネンは最初のアタックでコースオフして、ピットへ。フェリペ・マッサはラ・ソースでミスがあり、8番手どまりとなる。

 リカルドは最後に自己ベストを更新して、3番手に浮上。マクラーレンのジェンソン・バトンはウイリアムズのマッサを上回る。そして、最終盤にライコネン3位、ベッテル4位とフェラーリがレッドブル2台に割って入る結果となった。

<予選・暫定結果>

1位 ニコ・ロズベルグ
2位 マックス・フェルスタッペン
3位 キミ・ライコネン
4位 セバスチャン・ベッテル
5位 ダニエル・リカルド
6位 セルジオ・ペレス
7位 ニコ・ヒュルケンベルグ
8位 バルテリ・ボッタス
9位 ジェンソン・バトン
10位 フェリペ・マッサ
11位 ロマン・グロージャン
12位 ケビン・マグヌッセン
13位 エステバン・グティエレス
14位 ジョリオン・パーマー
15位 カルロス・サインツJr.
16位 パスカル・ウェーレイン
17位 フェリペ・ナッセ
18位 エステバン・オコン
19位 ダニール・クビアト
20位 マーカス・エリクソン
21位 ルイス・ハミルトン
── フェルナンド・アロンソ


[オートスポーツweb ]

最終更新:8/27(土) 22:10

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革