ここから本文です

記録ラッシュな1年の締めくくりへ…イチローに残された大記録

ベースボールキング 8月27日(土)16時0分配信

イチローにかかる記録がまだあった

 安打数の世界最多記録や、メジャー通算3000本安打、さらにはメジャー通算500盗塁と、次々に偉業を成し遂げてきた今シーズンのイチロー。

 まさに生けるレジェンドとして球界に君臨しているが、そんな男には今季中の達成に期待がかかる記録がまだまだ存在しているのをご存知だろうか。

ちょっと意外な本塁打の記録

 日本で9年間プレーし、メジャーで16年目を迎えたイチロー。1991年のドラフト4位でオリックスに入団してから今年で25年目ということになるが、そのうち本塁打を打てなかったのはルーキーイヤーの1992年だけ。1993年から昨季まで23年連続で本塁打を放ってきたのだ。

 まず20年プレーする選手が限られる中、毎年健康にしっかりと結果を残せる選手となると本当にごくわずかだ。日米通算も含めた、日本人選手による「連続本塁打トップ10」は以下の通り。


【連続本塁打記録・トップ10】
1位 26年 谷繁元信(横浜大洋・横浜~中日) ☆通算229本塁打  
2位 25年 野村克也(南海~ロッテ~西武) ☆通算657本塁打  
3位 23年 張本 勲(東映・日拓・日本ハム~巨人~ロッテ) ☆通算504本塁打  
3位 23年 門田博光(ダイエー) ☆通算567本塁打
3位 23年 イチロー(オリックス~マリナーズ~ヤンキース~マーリンズ) ☆日米通算231本
6位 22年 王 貞治(巨人) ☆通算868本塁打
6位 22年 大島康徳(中日~日本ハム) ☆通算382本塁打  
6位 22年 立浪和義(中日) ☆通算171本塁打
6位 22年 山崎武司(中日~オリックス~楽天~中日) ☆通算403本塁打
10位 21年 高木守道(中日) ☆通算236本塁打
10位 21年 清原和博(西武~巨人~オリックス) ☆通算525本塁打
10位 21年 衣笠祥雄(広島) ☆通算503本塁打


 ご覧のような、ものすごい顔ぶれ。通算500本塁打以上のレジェンド選手も多い中、トップは26年連続の谷繁となっている。

 そのほかにも立浪や高木など、長距離砲タイプではない選手もランクイン。長く第一線でプレーできる選手には、このような隠れた大記録もついてくるというわけだ。

一発は出るか...

 ちなみに、トップ10の中で“日米通算”なのはイチローただ一人。日米でイチローに続くのは、日本で10年・メジャーで10年の合計20年連続本塁打を記録した松井秀喜だ。

 イチローは今季いまだ本塁打0...。出ればその瞬間、日米通算24年連続の本塁打となり、張本&門田を抜いて連続本塁打の歴代単独3位に浮上する。

 今思うと、ちょうどメジャー通算3000本目の安打となった三塁打が最も惜しかった。行ったかと思われた打球は、わずか届かずフェンスの上部に直撃。連続本塁打の更新とはならなかった。残り1カ月とちょっとのシーズンとなるが、なんとか1本打って欲しい。

BASEBALL KING

最終更新:8月27日(土)16時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]