ここから本文です

広島、10回二死無走者から一挙7点 菊池がV打、新井&鈴木弾でM15!

ベースボールキング 8月27日(土)19時8分配信

● 中日 4 - 11 広島 ○
<18回戦・ナゴヤドーム>

 広島が4連勝で優勝マジック「15」。同点の延長10回、二死走者なしから打者一巡の猛攻を見せ、一挙7点を勝ち越した。

 両チームの先発投手は41歳の大ベテラン・黒田と18歳の高卒新人・小笠原。実に23歳差の投げ合いとなったが、ともに6回3失点で勝敗は付かなかった。

 その後、試合は4-4のまま延長戦に突入。広島は10回表、中日の5番手・祖父江に簡単に二死を奪われたが、8番石原がボテボテの遊安で出塁。さらに代打・松山が四球、1番田中が左前打で繋ぐと、二死満塁から前夜も決勝打を放っている2番菊池が、この場面でも鮮やかな決勝打を中前へ弾き返した。

 攻撃の手を緩めない広島は、3番丸が押し出しの四球を選び6-4。さらに4番新井は祖父江の初球を狙い打つと、これが試合を決める16号満塁弾となった。集中力を切らさない広島打線は、続く5番鈴木もこの試合2本目となる21号ソロを左翼席へ。この回だけで5安打に2四球を絡め、瞬く間に7点を奪った。

 今季を象徴する集中打で、自力でマジックを減らした広島。連日のヒーローインタビューとなった菊池は「みんながチャンスを作ってくれたので何とかしたかった」と“繋ぎの意識”を強調した。

BASEBALL KING

最終更新:8月27日(土)22時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。