ここから本文です

日置川マラソン参加者募集

紀伊民報 8月27日(土)16時32分配信

 第26回南紀日置川リバーサイドマラソン(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が11月13日、和歌山県白浜町日置の日置小学校グラウンドを発着点に開かれる。ハーフ▽5キロ▽3キロ▽ファミリー(2キロ)▽バンビ(1キロ)の各部門がある。主催者は9月20日まで参加申し込みを受け付けている。

 どの部門も日置川沿いの県道がコースになる。参加料は一般3500円、小中学生と高校生1500円。子どもと大人がペアで走るファミリー、バンビ両部門はそれぞれ3500円。スタート時刻が違うため、複数部門での参加もできる。参加料はいずれも保険料を含む。

 申し込みはインターネット、郵便局での振り込み、事務局窓口で支払いの3種類。

 問い合わせは日置川教育事務所内の大会事務局(0739・52・2660)へ。

最終更新:8月27日(土)16時32分

紀伊民報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。