ここから本文です

ユーロからの再起へ FIFAランク2位のベルギー、新体制初陣に25名招集

SOCCER KING 8月27日(土)9時18分配信

 ベルギーサッカー協会(KBVB/URBSFA)は26日、国際親善試合とロシア・ワールドカップ欧州予選に臨む同国代表メンバー25名を発表した。

 同協会は8月3日、ロベルト・マルティネス氏の新指揮官就任を発表した。ベルギー代表はユーロ2016で準々決勝敗退に終わり、7月15日にマルク・ヴィルモッツ監督との契約解消に踏み切っていた。

 新体制で臨む初陣は9月1日、スペイン代表との国際親善試合となる。そして6日にはワールドカップ欧州予選でキプロス代表とアウェーで対戦する。

 ユーロでは不本意な結果に終わったものの、今月11日発表のFIFAランキングでは2位を維持しているベルギー代表。新指揮官の下、再出発を図る。

 ベルギー代表メンバーは以下のとおり。

▼GK
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リヴァプール/イングランド)
マッツ・セルス(ニューカッスル/イングランド)

▼DF
ニコラ・ロンバーツ(ゼニト/ロシア)
トマ・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
トーマス・ヴェルマーレン(ローマ/イタリア)
クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)

▼MF
アクセル・ヴィツェル(ゼニト/ロシア)
ラジャ・ナインゴラン(ローマ/イタリア)
スティーヴン・ドフール(バーンリー/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・U/イングランド)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)

▼FW
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ミヒー・バチュアイ(チェルシー/イングランド)
ロメル・ルカク(エヴァートン/イングランド)
ディヴォック・オリジ(リヴァプール/イングランド)
クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
ケヴィン・ミララス(エヴァートン/イングランド)
ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)
ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)

SOCCER KING

最終更新:8月27日(土)10時29分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。