ここから本文です

長友もイタリア地震に言及「現地の復旧と被害が拡大しない事を祈る」

SOCCER KING 8/27(土) 13:09配信

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が26日に自身の公式ツイッターを更新し、24日にイタリア中部で起きた大地震に関するメッセージを発信した。

 26日にイタリア中部で発生した地震は、マグニチュード6.2を記録し、これまでに確認されている死者は260名を超えた。さらに、現地では900回以上の余震が続いており、いまだ不安な状況となっている。

 この巨大地震を受けて、ミラン所属の日本代表FW本田圭佑は公式インスタグラムで胸中を吐露。約230万円の寄付とともに、被害減少へ向けた提案を発信している。さらに26日、2010年7月からイタリアの地でプレーする長友も同地震に関してコメントした。

 長友はツイッターを通じて、「先日イタリア中部で大きな地震がありました。ミラノは揺れも無く、被害は無いですが、イタリア中部では今回の震災で多くの被害が出てます」と自らが無事であることを報告。その上で、「現地の復旧と被害が拡大しない事を祈ります。多くの方から心配の声を寄せて頂き、ありがとうございます」と被害が大きかった地域の復旧を願った。

SOCCER KING

最終更新:8/27(土) 13:09

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革