ここから本文です

レワンドフスキが開幕ハット!!バイエルン、前人未到の5連覇へ6発発進

ゲキサカ 8月27日(土)7時2分配信

[8.26 ブンデスリーガ第1節 バイエルン6-0ブレーメン]

 ブンデスリーガの16-17シーズンが26日、開幕し、4連覇中の王者バイエルンがホームでブレーメンに6-0で快勝した。

 新加入のDFマッツ・フンメルスも先発したバイエルンは前半9分、MFシャビ・アロンソのミドルシュートでいきなり先制すると、同13分には自陣からのMFフランク・リベリの長いスルーパスにFWロベルト・レワンドフスキが反応。ゴール前に抜け出し、GKとの1対1から難なく右足で流し込んだ。

 2-0で折り返した後半は怒涛のゴールラッシュ。後半開始早々の1分、FWトーマス・ミュラーの右クロスにレワンドフスキが右足で合わせ、リードを3点に広げると、後半21分にはDFフィリップ・ラームがミュラーとのワンツーでPA内に切れ込み、自ら右足で蹴り込んだ。

 勢いの止まらないバイエルンは後半28分、ミュラーの右クロスをリベリが右足で流し込み、5-0。同32分、レワンドフスキがハットトリック達成となるPKでダメを押し、6-0の大勝をおさめた。

 今季よりカルロ・アンチェロッティ新監督を迎えた王者が盤石の6発発進。前人未到の5連覇に向け、まずは上々の滑り出しとなった。

最終更新:8月27日(土)7時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。