ここから本文です

G大阪、長沢2発で逆転勝ち!湘南は泥沼8連敗

ゲキサカ 8月27日(土)20時51分配信

[8.27 J1第2ステージ第10節 湘南1-2G大阪 BMWス]

 ガンバ大阪が敵地で湘南ベルマーレに2-1で勝利した。G大阪は第2ステージの勝ち点を20に伸ばした。湘南は8連敗。

 先制点を決めたのは湘南だった。前半3分、右サイドからMF長谷川アーリアジャスールが入れたクロスがファーサイドに流れると、走り込んだDF三竿雄斗が強烈ミドルを蹴り込む。雨でスリッピーなピッチがボールを走らせ、湘南に先制点が生まれた。

 G大阪に同点弾が生まれたのは前半26分、DFオ・ジェソクからの浮き球パスが前線に入ると、FW長沢駿が反応。「ゴールは見てなかった。勝手に体が動いた」という感覚シュートを右足で蹴り込むと、鋭いシュートがゴールに突き刺さった。

 そして逆転弾も長沢が決める。後半19分、左サイドからのCKを獲得すると、長身の長沢が頭で決めて試合をひっくり返す。「先制を許してもみんな焦ることもなかった」と勝因を挙げた長沢は、「負けられない試合が続く」とタイトル奪取へ向け、気合を入れ直していた。

最終更新:8月27日(土)20時51分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]