ここから本文です

リバプール、リード守り抜けず…トッテナムと勝ち点1を分け合う

ゲキサカ 8月27日(土)23時6分配信

[8.27 プレミアリーグ第3節 トッテナム1-1リバプール]

 プレミアリーグは27日、第3節を行った。ホワイト・ハート・レーンではトッテナムとリバプールが対戦。前半43分にリバプールがMFジェームス・ミルナーのPKで先制するも、トッテナムが後半27分にDFダニー・ローズのゴールで追いつき、1-1で引き分けに終わった。

 リバプールは前半5分に決定機。高い位置でボールを奪い、FWロベルト・フィルミーノのラストパスをMFコウチーニョが右足で合わせる。フリーであとは押し込むだけだったが、GKミシェル・フォルムに右足で止められ、絶好チャンスを逃した。同26分には、ペナルティーアークからマネが上げた浮き球パスをコウチーニョが胸トラップから右足ボレー。しかし、GKフォルムの正面をついた。

 トッテナムは前半6分にMFクリスティアン・エリクセンがFK、同13分にMFデレ・アリがシュートを放ち、果敢にゴールに迫る。しかし、同28分にアクシデント発生。DFカイル・ウォーカーが負傷し、FWフィンセント・ヤンセンとの交代を余儀なくされた。

 試合は前半43分に動いた。左サイドから仕掛けたフィルミーノをMFエリク・ラメラがPA内で倒してしまい、リバプールがPKを獲得。キッカーのミルナーが落ち着いてゴール左隅に流し込み、スコアを1-0とする。

 追加点を狙うリバプールは後半8分、ミルナーの右CKからDFジョエル・マティプがヘディングシュート。これはクロスバーに嫌われ、同11分にMFアダム・ララナの折り返しからマネがゴールネットを揺らしが、ララナのオフサイドでリードを広げることはできなかった。

 すると、トッテナムが徐々に盛り返す。同17分、右サイドからMFエリック・ダイアーがグラウンダーのボールを送ると、ゴール前に走り込んだエリクセンが右足ダイレクトシュート。これはゴール上に外れてしまう。同19分には左CKからDFトビー・アルデルバイレルトがヘッドも、GKシモン・ミニョレのファインセーブに阻まれた。

 それでもトッテナムは後半27分、ダイアーが右サイドからクロスを送ると、味方が中央で競ったボールがファーサイドに流れ、ローズが左足シュート。GKミニョレの左を抜けてニアサイドに突き刺さり、トッテナムが1-1と試合を振り出しに戻した。

 リバプールは後半43分にユルゲン・クロップ監督の起用法に不満を持つFWダニエル・スターリッジを送り込んだが、決定機は生まれず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合う結果に戻った。

最終更新:8月27日(土)23時6分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]