ここから本文です

ロンドン外為:ドル指数が下落-米FRB議長講演を控え

Bloomberg 8月26日(金)19時27分配信

ロンドン時間26日午前の外国為替市場では、ドル指数が下落。週間ベースの上げ幅を縮小した。米ダラス連銀のカプラン総裁が米国以外に不安定な影響を与えることを回避するため、米利上げは緩やかであるべきだとの見解を示した。

投資家らは米金利見通しの手掛かりを得るため、ワイオミング州ジャクソンホールでイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が行う講演に注目している。

ロンドン時間午前10時30分(日本時間午後6時30分)現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。週間ベースの上昇率は0.2%に縮小した。ドルはユーロに対しほぼ変わらずの1.1291ドル。対円では100円46銭となっている。

原題:Dollar Declines as Traders Seek Yellen Clarity Amid Fed Rhetoric(抜粋)

Netty Idayu Ismail, Anchalee Worrachate

最終更新:8月26日(金)19時27分

Bloomberg