ここから本文です

米消費者マインド指数:8月は89.8に低下、4カ月ぶり低水準

Bloomberg 8月27日(土)0時24分配信

8月の米消費者マインド指数は前月から低下 し、4カ月ぶりの低水準となった。

ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は89.8と、前月の90か ら低下。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は90.8だった。8 月の速報値は90.4。

金融状況の改善を見込んでいる家計の比率は29%と、2014年終盤以 来の最低水準となった。特に45歳未満の世代で不透明感が強かった。

ミシガン大の消費者調査ディレクター、リチャード・カーティン氏 は発表文で、「信頼感は8月終盤に再び弱まり、7月からわずかに低下 した」と指摘。「家計の見通しは明るさが薄れたものの、経済全般の見 通しが小幅に改善したことでおおかた相殺された」と述べた。

項目別に見ると現況指数は107と、前月の109から低下。

先行き景況感を示す期待指数は78.7と、前月の77.8から上昇した。

向こう1年間のインフレ期待値は2.5%と、前月の2.7%から低下。 向こう5-10年間のインフレ期待値も2.5%。前月は2.6%だった。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Consumer Sentiment in U.S. Eased in August to Four-Month Low(抜粋)

Michelle Jamrisko

最終更新:8月27日(土)0時24分

Bloomberg