ここから本文です

NY金(26日):小反発、イエレン議長講演後も利上げめぐる憶測続く

Bloomberg 8月27日(土)4時57分配信

26日のニューヨーク金先物相場は小幅反発。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は講演で利上げの論拠が最近強まったとした一方、時間をかけて緩やかなペースで金利を引き上げていくのが適切だとも発言、9月利上げへの警戒は和らいだ。

マレックス・スペクトロン・グループのトレーダー、グレアム・レイトン氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「米連邦公開市場委員会(FOMC)のあるメンバーと別のメンバーで言っていることが違う」と指摘。「金融市場にとっては信じがたいほどいら立たしい状況だ」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.1%高の1オンス=1325.90ドルで終了。一時は1.6%上昇する場面もあった。週間ベースでは1.5%安と、7月半ば以来の大幅下落となった。

原題:Weeks of Yellen Buildup and Gold Traders Still Guessing on Rates(抜粋)

Joe Deaux

最終更新:8月27日(土)4時57分

Bloomberg