ここから本文です

米セント・ジュード、マディー・ウォーターズのリポートに反論

Bloomberg 8月27日(土)13時11分配信

米医療機器メーカー、セント・ジュード・メディカルは、著名な空売り投資家カーソン・ブロック氏率いる調査会社マディー・ウォーターズが発表したリポートについて、「虚偽であり誤解を招く恐れがある」と指摘した。このリポートを受けて、米アボット・ラボラトリーズによるセント・ジュード買収への影響について懸念が生じていたが、アボットは250億ドル(約2兆5500億円)規模の買収を推進する意向を示した。

セント・ジュードは26日の発表文で「当社は、独立した第三者による確認と規制当局への提出資料を裏付けとして自社製品のセキュリティーと安全を保証する」と説明。アボットは「セント・ジュードと協力して今後も買収手続きを進めていく」とした。

マディー・ウォーターズはリポートで、セント・ジュードの心臓補助装置がハッカー攻撃のリスクに対し脆弱(ぜいじゃく)だと指摘。セント・ジュードの株式を空売りしていることを明らかにした。マディー・ウォーターズのリポートを受けて、セント・ジュード株は25日には5%下落したものの、26日は同社発表文を受けて0.2%高の78.01ドルと反発。

原題:St. Jude Denies Short Seller’s Claims; Abbott Remains Committed(抜粋)

Michelle Cortez

最終更新:8月27日(土)13時11分

Bloomberg