ここから本文です

柄本佑が連ドラ初主演!こじるりとグルメミステリーを展開「コック警部の晩餐会」

cinemacafe.net 8月28日(日)6時0分配信

10月期放送のTBS「テッペン!水ドラ!!」枠では、柄本佑と小島瑠璃子共演で、「コック警部の晩餐会」を放送することが決定した。

とある店でラーメンを食していた古久警部(柄本佑)は、新人刑事・あずみ(小島瑠璃子)から事件が発生したと呼び出される。元人気No.1女優が自宅マンションから転落死したというのだ。担当マネジャーの「転落する直前に電話で遺言を言われた」という証言から、猫田刑事(えなりかずき)は自殺だと主張。だが、現場検証が行われる中、テーブルの上に残されたラーメン丼を見つけた古久は、マイ箸とマイスプーンで中に残されたスープと麺を味わうと、あることに気づき「この事件、私が料理しましょう」と現場を後にする。被害者が最後に食べていた物が“長崎ちゃんぽん”だと気づいた古久は、とある容疑者を探し出す。その容疑者とあずみ・猫田・一条刑事部長(藤真利子)を晩餐会に招待。そこで再現された長崎ちゃんぽんから事件の真実が明らかになる! 果たして、古久が料理から見つけ出した真実とは――!?

本作は、料理の腕前がプロ級の名刑事が、容疑者たちを晩餐会に招き犯人をあぶり出すグルメミステリードラマ。事件を解決するのは、捜査一課特命警部で料理の腕前がプロ級の“コック警部”こと古久星三(こっくほしみつ)。彼の捜査方針は「料理はウソをつかない」。その一風変わった独自の理論でマイペースに捜査を進める。罪を逃れてのうのうと好きなものを食べている殺人犯を絶対に許さないコック警部は、被害者を理解するため被害者が食したものを再現し、思いを馳せて推理に及ぶ。そんなコック警部とコンビを組む新人刑事の七瀬あずみは、刑事ドラマ好きが高じて念願叶って夢だった刑事になるも、彼の自由過ぎる捜査に振り回され、さらには横暴な猫田刑事にも挟まれてストレスMAX。性格も正反対で犬猿の仲の2人が、絶妙なコンビ感で事件解明に挑む。

主人公・コック警部こと古久星三を演じるのは、連続テレビ小説「あさが来た」や来年公開予定の『追憶』の出演も決定している柄本さん。本作で連続ドラマ初主演を務める柄本さんは、「連続ドラマの主演をまさか自分がやることになるとは思ってませんでした。不安といえば不安です。楽しみといえば楽しみです。いま、半々の状態です」と胸中を語り、「初めて共演させてもらう方ばかりで、どんな現場になるのか、そこは楽しみだらけです。とにかくコツコツと頑張ります」と意気込んだ。

また、コック警部の相棒・新人刑事の七瀬あずみには、これまでタレント・グラビアモデル・スポーツ番組と様々な分野で活躍してきた小島さん。本作がドラマ初挑戦となる小島さんは「不安が85%、ワクワクが15%で、とても不安です(笑)」と語り、「私自身も昔から刑事ドラマや推理アニメが好きで、刑事に憧れていた時期もあったので、七瀬あずみという役にとても親近感を覚えます」と役についてコメント。また「ストーリーの邪魔にならないようにしますので、広い心で見守っていただければと思います(笑)。最後には100%楽しかった、で終われるよう頑張ります!」とメッセージを寄せた。

そして、コック警部を目の敵にしている刑事・猫田典雄には、幼少期から俳優として活躍するえなりかずき。柄本さんの大ファンと語るえなりさんは、「お芝居の邪魔にならないように頑張ります。柄本さんと小島さんとのシーンが多そうなので、楽しく一緒に頑張ります。撮影チームがとっても明るい方ばかりなので、最後まで全速力で走り抜けます」と話した。

そのほか、女優・歌手・作詞家・作曲家として数々の作品を作り上げてきた藤真利子が、コック警部の捜査に一目置いている刑事部長・一条千鶴を演じる。これまでの刑事ドラマとは一味違う捜査方法と、個性豊かなキャラクターたちが贈る本格ミステリーと痛快な掛け合いで笑える本ドラマ。続報にも期待したい。

テッペン!水ドラ!!「コック警部の晩餐会」は10月より毎週水曜日深夜24時10分~TBSにて放送開始。

最終更新:8月28日(日)6時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。