ここから本文です

チケット高額転売NO、議論白熱 嵐やサザン賛同 転売サイト反論

朝日新聞デジタル 8月28日(日)5時30分配信 (有料記事)

 コンサートのチケットを、ネットを通じて定価より高値で転売する個人や業者が増える中、日本音楽制作者連盟(音制連)、日本音楽事業者協会などの業界団体が中心となって23日、高額転売に反対する共同声明を出した。賛否両論が出ている。

 ■嵐やサザン賛同「音楽の未来奪う」
 あるサイトでは、男性アイドルグループの定価7500円のチケットが、数万円から24万円で出品されている。問題視されているのは、こうした高額転売を目的とするチケット買い占めの増加だ。
 声明は「音楽の未来を奪うチケットの高額転売に反対します」とし、アイドルグループ「嵐」、サザンオールスターズ、山下達郎さんら116組のアーティスト、フジロック・フェスティバルなど24の音楽イベントが賛同している。……本文:2,233文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月28日(日)5時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。