ここから本文です

「LAW & ORDER」シフ地方検事、スティーヴン・ヒルさん死去 94歳

シネマトゥデイ 8月28日(日)4時40分配信

 米テレビドラマ「LAW & ORDER ロー&オーダー」で、10シーズンにわたり地方検事アダム・シフを演じたスティーヴン・ヒルさんが、8月23日(現地時間)にニューヨークで亡くなったと The New York Times などが報じた。94歳だった。

 1946年にブロードウェイ・デビューを果たし、1948年には、トニー賞を受賞した舞台「ミスター・ロバーツ(原題) / Mr. Roberts」にも出演。映画『パスポートのない女』で銀幕デビューし、『目撃者』『夜霧のマンハッタン』などに出演していた。

 スティーヴンさんは、1966年に「スパイ大作戦」でリーダーのダニエル・ブリッグス役に抜てきされたが、1シーズンで降板。何十年経ってもスティーヴンさんは、「第1シーズンで嫌な体験をした」という以外、降板理由は明かさなかった。同番組に関する本を執筆したパトリック・J・ホワイトによると、彼は扱いづらく、宗教上の理由で金曜日の残業を拒否したことなどが問題視され、解雇されたと言っている。

 1990年から2000年まで「LAW & ORDER ロー&オーダー」シリーズに出演していた彼は、エミー賞に2度ノミネートされている。EW.comによると、10シーズンの間で彼が出演しなかったエピソード数はわずか2回。スティーヴンさんは第10シーズンのクランクアップと共に、同シリーズを降板し俳優を引退していた。(澤田理沙)

最終更新:8月28日(日)4時40分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。