ここから本文です

【DEEP】長谷川賢、中西良行を1RKOで完全復活

イーファイト 8月28日(日)0時20分配信

「DEEP 77 IMPACT & DEEP JEWELS 13」
2016年8月27日(土)東京・ディファ有明

【フォト】長谷川の強烈なパンチ

▼第9試合 メインイベント DEEPミドル級 5分3R
○長谷川賢(フリー/第4代DEEPメガトン級王者)
TKO 1R2分4秒 ※レフェリーストップ
●中西良行(TRIBE TOKYO M.M.A/初代DEEPライトヘビー級現王者、第7代DEEPミドル級王者)

 初代ライトヘビー級と第7代ミドル級王座の2階級を制覇した中西と第4代DEEPメガトン級(無差別級)王者・長谷川がついに激突。

 中西は昨年10月、RYOに判定3-2の僅差で4年ぶりの黒星を喫して王座を失った。対する長谷川は日本ミドル級のエース候補として期待されたが、昨年大みそかの『RIZIN』でブレナン・ワードに敗れ15戦目にして初黒星。今回が出直しの一戦となる。

 1R、長谷川の左ミドルに合わせて中西の右フックがヒット。その後もパンチを被弾してしまう長谷川だったが、パンチの連打で前進し逆襲。

 長谷川の右フックが当たり始め、中西は大きく後退する。長谷川の右フックがクリーンヒットすると、中西はバッタリ倒れレフェリーが即座にストップ。

 練習環境を変えたという長谷川は「1RKOできて嬉しいです。負けてからも手を差し伸べてくれた人のために、純粋に勝てて嬉しいです」と笑顔でマイクアピールした。

最終更新:8月28日(日)2時15分

イーファイト