ここから本文です

長谷川京子、背中パックリ大胆ワンピで客席どよめかす

映画.com 8月28日(日)7時0分配信

 [映画.com ニュース] 女優の長谷川京子が8月27日、東京・TOHOシネマズ日劇2で行われた「後妻業の女」の初日舞台挨拶に、主演の大竹しのぶ、豊川悦司、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、水川あさみ、鶴橋康夫監督とともに出席した。

【フォトギャラリー】セクシーな衣装で登壇した長谷川京子、その他の写真はこちら

 鶴橋監督は、開口一番「先に、心配ごとだけ終わらせておこうと思います」といい、シンプルな黒のワンピース姿の長谷川に歩み寄ると「長谷川京子さんです。ちょっとだけターンしてください」と後ろを向くように促す。長谷川が背中が大きく露出したセクシーな姿を披露すると、客席からは大きなどよめきが。長谷川は大照れしながらもピースサインで声援に応じ、会場を沸かせた。

 この盛り上がりを見ていた鶴橋監督は「どうですかね?」と語りかけ、さらにファンをあおる。場内が大爆笑に包まれると、「良かったなあ」と満足げにニッコリ。鶴橋監督と目が合った長谷川も「は、はい」と赤面しながら同調していた。

 映画は、直木賞作家・黒川博行氏の小説「後妻業」を原作に、資産家の独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる“後妻業”を生業とする女と協力者の男の行く末を描く。

最終更新:8月28日(日)7時0分

映画.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。