ここから本文です

112年ぶりの栄誉 ゴルフの五輪メダルは今週どこに?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月28日(日)10時12分配信

米国男子ツアーのポストシーズン、4戦にわたるフェデックスカッププレーオフは「ザ・バークレイズ」で幕を開けた。「リオデジャネイロ五輪」男子競技の2週間後。ジャスティン・ローズ(イングランド)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、マット・クーチャーはメダリストとなってから最初の出場試合となった。

金メダル銀メダル銅メダル

スタート前の選手紹介のアナウンス。いつもは出身地に続けて選手の名前がコールされるが、今週ばかりはちょっと違う。メダルを手にした3人には、それぞれ「オリンピックの金(銀・銅)メダリスト!」と付け加えられ、その度に観衆の大歓声を呼んでいる。

3人は、獲得したメダルを今大会が行われているニューヨークに持参した。ローズは公式会見が行われた開幕2日前には、金メダルを宿泊しているホテルの部屋にしまっていたが、多くの人に「メダルを見せて」とせがまれることから「ロッカールームやキャディバッグに入れておくつもり」だとか。メダルのかかる五輪が、普段のトーナメント以上に、ゴルフに関心がない人々からの注目を集めることを改めて強調した。

「みんなが金メダルを見たがることがうれしい。たとえウサイン・ボルトの物でなくてもね」と、栄誉を改めて実感している。「優勝トロフィなんかに比べれば持ち運びやすい。みんなが『どのくらい重いの?』『結構重いねえ!』なんて言ってくれるのが楽しい。クラレットジャグ(全英オープンの優勝カップ)で注いだワインを飲めるように、金メダルは、カップを置くコースターにちょうどいいかもね」と笑顔で話した。

ローズのそのジョークを実現できるのが、五輪の1カ月前、全英でメジャー初制覇を遂げたステンソンだ。彼は今大会の会見に、銀メダルを持参。軟らかい布に包み、ズボンのポケットに入れていた。「スーパーマーケットなんかに行くときまでは持ち歩かないけどね」。そりゃそうだ。油断して車上荒らしや強盗にでも遭ったら大変だ。コースなどでは「せっかくの機会だから、見たい人には見せてあげるつもり」だという。

メダルの色では劣っても、今週最も多くの賛辞を浴びているのが五輪を3位で終えたクーチャーだろう。地元米国での試合とあって、行くところ「USA!USA!」と、こだまする。そしてクーチャーは、銅メダルをプレー中もキャディバッグの中に忍ばせていた。松山英樹の前の組でプレーした予選ラウンドでは、スコア提出を終えた後にバッグから取り出して、ボランティアスタッフとの記念撮影に応じる姿もあった。

112年ぶりにゴルファーの手に渡った五輪のメダル。その魅力にメダリストたちが普段とは違う感慨にふけり、ファンを喜ばせているのは事実だ。(ニューヨーク州ファミングデール/桂川洋一)

最終更新:8月28日(日)10時12分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]