ここから本文です

3歳牝馬ブランボヌールが差し切り重賞2勝目/キーンランドC

netkeiba.com 8月28日(日)15時39分配信

 28日、札幌競馬場で行われたキーンランドC(3歳上・GIII・芝1200m)は、先団の後ろでレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の2番人気ブランボヌール(牝3、栗東・中竹和也厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る1番人気シュウジ(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)を捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒5(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に3番人気レッツゴードンキ(牝4、栗東・梅田智之厩舎)が入った。

 勝ったブランボヌールは、父ディープインパクト、母ルシュクル、その父サクラバクシンオーという血統。昨年の函館2歳S以来、久々の勝利と重賞制覇を果たした。また、本馬はこの勝利で10月2日に中山競馬場で行われるスプリンターズSの優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆ブランボヌール(牝3)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・中竹和也
父:ディープインパクト
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
馬主:前田葉子
生産者:ノースヒルズ
通算成績:8戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2015年函館2歳S(GIII)

最終更新:8月28日(日)15時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ