ここから本文です

ディアナの「料理長」 Sareeeの得意メニューは?

東スポWeb 8月28日(日)10時9分配信

【We are U―23女子プロレス代表】Sareee(ディアナ)

まだ暑い日が続きますね~。みなさん夏バテしていませんか★ 暑いのは苦手だけど、夏が大好きなワールド女子プロレスディアナのSareeeです。先日、ディアナの選手たちと由比ガ浜(神奈川・鎌倉市)の海に遊びに行きました。

 井上京子さんが「試合で頑張ったら海に行こう」と言ってくださり、当日は朝5時に起きてハイテンションで出発。湘南の海を見ながらドライブしていると、自然とサザンオールスターズの曲を口ずさんでしまいますね~。今回は「チャコの海岸物語」でした(笑い)。でもほとんど海には入れず、夕方5時までいたけど顔だけ真っ赤になって帰ってきました…。

 そんなトホホな私ですが、実は最近、料理に凝っています。得意な料理は、だし巻きたまご! ちゃんとだしから作ります。伊藤薫さんのお店(東京・品川区の「心亭」)で料理をする姿を興味津々で見ていたら、伊藤さんが教えてくれました。フワフワにするコツはスピード。外国人選手が6人いたときフレンチトーストを振る舞ったら「デリシャス(おいしい)!」と大好評。しょうが焼きとそぼろご飯も得意で、勝手にディアナの「料理長」を名乗っています(笑い)。

 マイ包丁も持っています。ファンの方がプレゼントしてくれた「Sareee」の名が刻まれたものを愛用しています。でも人に料理を出すときは「おいしいかな?」と不安があります。これってプロレスと似ている部分がありますね。私は不安に負けないように強い気持ちでリングに臨んでいるので、料理も気持ちだなって思います。大好物がオムライスとハヤシライスなので、早くビーフシチューオムライスのチーズ乗せを上手に作れるようになりたい! そのときはみなさんにも振る舞いますのでお楽しみに~?

最終更新:8月28日(日)10時9分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。