ここから本文です

通算14勝目へ 石川遼、5打差独走態勢で後半突入!2位に高山忠洋ら

ゴルフ情報ALBA.Net 8月28日(日)11時25分配信

<RIZAP KBCオーガスタ 最終日◇28日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

弟・航は葉子さんとのタッグで初のプロトーナメントに臨むも

 国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」の最終日。トータル12アンダーの単独首位からスタートした石川遼は前半で3つスコアを伸ばし、トータル15アンダーでバックナインに入った。2位の高山忠洋、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)とは5打差をつけて独走態勢を築いている。石川がこのまま逃げ切れば昨年12月の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来となるツアー通算14勝目。

 トータル9アンダーグループには川村昌弘、宮本勝昌、谷原秀人。トータル8アンダーに額賀辰徳、藤本佳則、岩本高志、小池一平、ハン・ジュンゴン(韓国)が続いている。

 競技は雷雲接近のため、11時43分に一時中断している。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月28日(日)11時59分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。