ここから本文です

「東京五輪には『台湾代表』で出場」=野党国会議員が名称変更支持

中央社フォーカス台湾 8/28(日) 16:16配信

(台北 28日 中央社)野党・時代力量の徐永明立法委員(国会議員)は27日、会員制交流サイトを更新し、スポーツの国際大会などで使用されている中華民国(台湾)代表の名義について、「2020年の東京五輪には『チャイニーズ・タイペイ』(中華台北)ではなく、『台湾』で出場したい」との考えを示した。

徐氏は、「2014年のヒマワリ学生運動や今年の総統・立法委員選挙の結果は、台湾人の台湾人アイデンティティーを国際社会にアピールした」と強調。インターネット上で行われている関連の署名活動には4万9000人が賛同したとして、名義変更実現に期待を寄せた。

また、「台湾選手が勝ち取った栄誉は台湾人の栄誉だ」「チャイニーズ・タイペイは国の名称ではなく、台湾人の別名でもない」などと語り、台湾と日本の民間の力を合わせ、名実ともに「台湾代表」を五輪に出場させたいとしている。

(陳俊華/編集:齊藤啓介)

最終更新:8/28(日) 16:16

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。