ここから本文です

<杉本有美>「水着は卒業」 グラビア集大成の最新写真集で見納め

まんたんウェブ 8月28日(日)14時48分配信

 グラビアを中心に活躍する女優の杉本有美さん(27)が28日、東京都内で、最新写真集「it's me」(ワニブックス)の発売記念握手会を開催した。杉本さんは「明るく楽しくハッピーな私を見せたい。打ち合わせを重ねて、愛情を込めて作ったので、早く皆さんに見てほしい」と笑顔で写真集をアピール。「ラスト水着」「グラビアの集大成」という宣伝コメントについて、「(芸能界を)辞めるわけじゃないけれど、水着はちょっと。ダラダラやりたくない。これが最後の作品になります」と、水着“卒業”について語った。

【写真特集】グラビアの集大成 お気に入りの写真も

 杉本さんは「これまで水着が中心だった。お芝居もやらせていただいていたんですが、これからはお芝居を中心にしたい。女性目線のファンの方をターゲットにしたものをやっていきたい」といい、報道陣に「しばらくはお休み?」と確認されると、「水着はもう(卒業)。10年やってきたので」と回答。「水着姿はこの写真集で見納め?」という質問にも「そのつもりです。ラスト水着。私自身はそのつもりでやっています」ときっぱりと答えた。また、結婚願望について聞かれると「30歳までにはと、前のインタビューでも言っていたんですが、それがかなうように頑張ってます」と笑顔でコメントした。

 「it’s me」は、杉本さんの11作目の写真集で、今年6月に米ハワイのオワフ島で撮影。打ち合わせから写真チェック、タイトル決め、デザインまで全ての工程に杉本さんが参加し、約10年間というグラビアの集大成として完成した。写真集として最後となる水着写真のほか、動きながら撮ったというアクション女優のようなキック写真、踊りながらの撮影など、幅広いジャンルの写真を見ることができる。B5判、3240円。

 写真集について、杉本さんは「セクシーだけれど明るく元気な仕上がり。表紙は、笑っていないけれど、中身を早く見たいと思うような写真にしたいと思って選びました。今までお尻を売りだしてなかったんですけれど、今回お尻も結構いい感じかな」と自画自賛し、タイトルは「あんまり難しいタイトルも、重たくなっちゃうので嫌だなと思った。この中に私の全てが入っている、という意味」だと説明。女優の深田恭子さんが発売し、話題を集めている写真集が「This is Me」というタイトルだったことを指摘されると、「後から(似ていることに)気づいて、『あぶなーっ』て思った!」と“パクリ”疑惑を否定していた。

最終更新:8月28日(日)19時45分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。