ここから本文です

無限ループって怖くね? 「歩いても歩いても前に進まない」動画が不思議

ねとらぼ 8月28日(日)13時10分配信

 ニコニコ動画に投稿された「歩いても歩いても前に進まない」動画が注目を集めています。文字通り、撮影者らしき人物がいくら歩いても、全然前に進みません。不思議!

【ネタばらしの解説】

 動画は一人称視点で進行。カメラが地面を写し、8秒ほど進んでからアングルを正面に移すと、目の前の光景は歩く前と同じ。リピート再生が設定されているので、停止しない限り延々と前に進めない無間地獄が流れます。

 「無限ループって怖くね?」「(ディオのスタンドに翻弄された)ポルナレフ状態」と不思議がる声や、「俺の人生みたい」といった切ないコメントが寄せられたこの動画、いったいどんなカラクリになっているのでしょう。動画の投稿主は、ネタばらし動画も公開し、解説しています。

 実はこの動画、ビデオカメラで撮影したのではなく、3DCGソフト「Blender」で静止画を加工したもの。歩いている場面では、床だけが映っているのがトリックのキモです。作者はこの場面に手ブレのような効果を加えつつ、床のタイル縦3つ分を繰り返して表示。このため、まるで本当に延々と歩いているように錯覚させられていたわけです。だまされたあ!

 そして定期的に前方の風景を映し、まるで進んでいないかのような状況を提示。動画の終盤では、固定された前景の下に床の画像がベルトコンベアーのように流れる構造を、分かりやすく図解しています。

 街頭の雑音も編集で後付けしたもの。音や揺れといった情報のせいで、静止画が動画のように錯覚させられたわけで、人間の視覚は簡単にだまされるものと感心した次第です。

(沓澤真二)

最終更新:8月28日(日)13時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]